沖縄青の洞窟を体験する前に知っておきたいこと

青の洞窟を体験する前に、どんなことを知っておくとよいのか。青の洞窟について知識を付けましょう。 - 沖縄青の洞窟を体験する前に知っておきたいこと

沖縄青の洞窟を体験する前に知っておきたいこと

青の洞窟
海水による浸食によってできた洞窟に太陽光が当たることによって青く見えることから、青の洞窟と呼ばれるようになりました。世界各地に存在し、北海道から沖縄まで日本にも数か所ありますが、やはり本島の恩納村にある沖縄青の洞窟が一番有名で人気のスポットになっています。体験する際に知っておいて欲しいことがいくつかあります。

シュノーケリングとダイビングどちらかを選ぶ

シュノーケリングは水中眼鏡から水中でも呼吸をすることができる道具のシュノーケル、そして足ひれであるフィンを使って浮かびながら楽しむマリンスポーツです。一方ダイビングは器機を扱いながら潜ることから、指導が必要になります。資格が必要のように感じる人も多いですが、対象になっているのは体験ダイビングです。よって資格がなくても楽しむことが可能になります。
どちらとも魅力がありますので、優れている方を絞るのはとても難しいのが特徴です。こればかりは好き好みになりますので、好む方を選ぶと良いでしょう。ちなみに「泳げないから」といった理由で選ぶのはもったいありません。シュノーケリングもダイビングもほとんど意味がありませんので、泳げなくてもどちらとも楽しむことができます。

時間帯によって見え方が異なる

水中の透明度は朝の方が澄んでいると言われることが多いですが、それほど変わることがありません。ただ人混みが多くなると、霞むことがありますので、神秘的な沖縄青の洞窟を楽しみたいのであれば、あえて人が少ない時間帯を選ぶと良いでしょう。
午前中は込みやすい傾向があります。プランによって込み具合も変わっており、初心者が集まりやすいビーチからの参加は人が混みやすく混雑することが多いです。人混みを避けるためにも午後からの参加も検討してみましょう。

ビーチとボートのプラン

沖縄青の洞窟を楽しむプランとして、ビーチとボートがあげられます。ビーチからは初心者が参加することが多く、恩納村は特に観光地であることから人が集まりやすい傾向があります。一方ボートは経験者が多いですが、ビートよりも直接スポットに行けることから、体力を温存することができます。価格もビーチの方が安くなることもあり、ボートよりも人気が集まっている傾向がありますが、これも好みになります。想像をしてどちらが楽しく参加できるのかを、想像しながら決めてみると良いでしょう。

施設の充実度も確認を

沖縄の綺麗な海
大きくわけて店舗と現地集合に分けられます。店舗になるとシャワールームやロッカー駐車場が無料で利用することができますが、現地になるとそれらが有料になることも。道具は店舗側が揃えてくれますので、手ぶらで参加することができ、レンタカーの利用なども検討すると現地集合でも良いですが、店舗も良い判断になります。ツアーに参加した後快適に過ごしたいのであれば、店舗プランもおすすめです。

天候不良によって体験できないこともある

こればかりは自然が関与する問題になりますので、残念ながら中止になることもあります。ほとんど事故が起きるようなことはありませんが、必ずインストラクターの指示に従ってください。天候が急変することもあり、それで事故が起きることも。ほとんどがインストラクターの指示に従わないことで起きる事故になっています。

想像をしながら予約をしよう

どちらが優れていると断言することができないのも、沖縄青の洞窟です。だからこそ想像をしながら、自分が楽しめるプランを練ってください。